ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 - 高見俊介

ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 高見俊介

Add: resogu43 - Date: 2020-11-21 14:01:54 - Views: 520 - Clicks: 3766

『ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略』高見俊介著です。 nps、です。 戦術レベルの話ではありません。 施策やテクニカルな話ではないのです。 ソーシャルメディアの本は巷にあふれていますが、. 最初に、ロイヤルティを向上させるとはどういうことか、NPS®で言う批判者を例にとり、中立者・推奨者に変えるために必要なことを考えていきましょう。 下図は、それぞれの顧客にどのような戦略が最適かを具体的なケースを用いて説明しています。 図表:顧客グリッド(顧客収益性とNPS®を用いて分類した6種類の顧客)別アプローチ 不満を持つ顧客の中でも、特に「抑留者」と分類される顧客への対応は、緊急度・重要度ともに高くなります。抑留者は顧客収益性が高い一方で、企業との取引に不満を感じているため、チャンスがあれば真っ先に離脱したいと考えているからです。企業にとっては収益性の高い抑留者が離脱してしまうと、収益面で大きなダメージを受けてしまいます。 一方、収益性が低い「反逆者」への対応は、抑留者より優先度は低くなります。ですが、通常、批判者全体に対する反逆者の数は、抑留者を上回ります。したがって、収益性が低いという理由のみで、全ての反逆者を放置しておくことはとても危険です。 比較的数の少ない抑留者には、なるべく早い段階で手厚い対応を施し、関係性の改善に努めることが必要です。反逆者については、不満に思っている内容のボリュームに対応できるマニュアルを用意し、効率的な処置を行うといいでしょう。. jp で詳細を見る この本、限りなく必読です。 常に近くにおいてお. 書評:【ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略】 こんにちは。産業用ヒーターのスリーハイ スタッフnです。 今日は珍しく書評で、【ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略】 という書籍についてのブログです。. 【書評】ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 NPSは、顧客のロイヤリティを測定し、自社のサービスや商品を改善していくために用いる、コンサルティング会社のべインが開発した手法。. メディア活用策. | 高見俊介の商品、最新情報が満載!. 多岐にわたる業種のクライアント企業に対し、ソーシャルリスニング、nps(r)調査を活用した顧客ロイヤルティ戦略のコンサルティングを幅広く手掛けている。 著 ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 - 高見俊介 書:『ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略』(ファーストプレス)。「真説!.

年04月22日 本日の1冊は、 『ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略』高見俊介著です。. 「ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略」の要約を、ご覧いただけます。『toppoint(トップポイント)』は、毎月大量に発行されるビジネス関連の新刊書の中から、おすすめのビジネス書を全て熟読した上で“10冊”に厳選。. NPS®と顧客満足度との違い、今NPS®が注目される理由、活用におけるポイントについては、以下のホワイトペーパーより詳しくご確認いただけます。資料をダウンロードしてご覧ください。 個人情報の取扱いについてはこちらからご確認ください。 NPS® はBain & Company, Inc. 顧客のロイヤルティを向上させ、推奨者へと移行することに成功したのならば、次にすべきことは顧客価値の最大化です。顧客価値とは、「購買価値」「口コミ価値」「情報価値」の3つに大きく分解することができます。ここでは、それぞれの価値を最大化するために有効な “三種の神器”についてご紹介します。. 【10点購入で全品5%off】。【中古】ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略 / 高見俊介. 12 高見 俊介 ファーストプレス 売り上げランキング: 13752 Amazon.

高見さんは、nps(r)認定資格を日本人で初めて取得された方であり、今年3月には「ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略」という書籍も出版されています。日米の企業文化の違いなどに対する体感値を持ちつつ、株式会社アイ・エム・ジェイ. imj、「ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略」を執筆. 高見俊介 | 商品一覧 | 本・雑誌・コミック | HMV&BOOKS online | 株式会社アイ・エム・ジェイマーケティング本部統合型マーケティング戦略室チーフコン. 【ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略/高見 俊介】を読んだ本に追加 →URL bookmeter:54:22 via 読書メーター 着々と。:45:34 via Twitter for iPhone.

+++ご覧頂ありがとうございます+++≪ご入札予定の方は以下の内容を必ずお読み下さい≫♪♪♪♪. ロイヤルティ リーダー ニ マナブ ソーシャル メディア センリャク : ロイヤル カスタマー シンカロン. Amazonで高見 俊介のロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略。アマゾンならポイント還元本が多数。高見 俊介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 「ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略」は、imjの高見 俊介氏が書かれた書籍です。 記者の方から薦められて読んでいたのですが、遅ればせながら書評抜き読書メモを公開させて頂きます。.

高見 俊介【著】. ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略―ロイヤルカスタマー進化論. ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略 ロイヤルカスタマー進化論/高見 俊介(経済・ビジネス) - ソーシャルメディアがいかにビジネス全体に影響を与えるか。どうすればビジネス拡大のチャンスにつながるのか。. 株式会社エンパスリンク 代表取締役 高見 俊介(Shunsuke Takami) 同志社大学法学部卒業。東京三菱銀行、ライブドア(戦略コンサルタント)、ライブドア証券(株式公開引受)、CCC(事業開発)を経て、IMJとインテグレートとの合弁会社、3iの立上げを主導。. 、 Fred Reichheld 、 Satmetrix Systems, Inc.

「デジタル・リーダーシップ ソーシャルメディア時代を生き残るコミュニケーション戦略」ポール・a・アルジェンティ / コートニー・m・バーンズ / 北村秀実定価: ¥ 2,592ポール・a・アルジェンティ コートニー・m・バーンズ 北村秀実 本 book ビジネス 経済企業が、組. 著書に「ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略」(ファーストプレス) 右:清水博(しみず・ひろし) 横河ヒューレット. ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略 : ロイヤルカスタマー進化論. ファーストプレス,. ロイヤルティを数値化する nps の測り方と活かし方」エンパスリンク 高見俊介氏 セミナー会場g 「ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略」の著者の方だった。そういえば以前買ってあったっけ。. 【tsutaya オンラインショッピング】ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略/高見俊介 tポイントが使える. 書籍のゆうメール同梱は2冊まで/ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略 ロイヤルカスタマー進化論本/雑誌. 徳力のブログは分散運用されています。 「なぜステマがネットで騒動になるのか」の講演資料を公開しました。.

高見俊介 | プロフィール | HMV&BOOKS online | 株式会社アイ・エム・ジェイマーケティング本部統合型マーケティング戦略室チーフコン. 調査を活用した顧客ロイヤルティ戦略のコンサルティングを幅広く手掛けている。執筆、講演多数。 著書に『ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略』(ファーストプレス)(年3月発売). リーダーに学ぶソーシャルメディア戦略」が、 年3月17日(木)に. See full list on emotion-tech. 顧客の声をリアルタイムで聞き、ロイヤルカスタマーからのフィードバックを顧客インサイトとして把握し、ビジネス改善に繋げるためのアクションを起こしてく。 こうすることが本当の意味で「顧客の声」を「収益向上」に活かしていくということなのです。 ロイヤルカスタマーは口コミ価値の面で「セールスパートナー」であると同時に、情報価値の面では、建設的で価値のあるフィードバックをしてくれる「ビジネスパートナー」としての役割を持つ存在であると言っていいでしょう。 NPS®の指標についての解説、顧客満足度との違いについては、以下のホワイトペーパーより詳しくご確認いただけます。資料をダウンロードしてご覧ください。 個人情報の取扱いについてはこちらからご確認ください。 ※1 引用文献:高見 俊介 () 『ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略』 ファーストプレス.

『ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略』 高見俊介著 vol. はじめに、「顧客グリッド」と呼ばれるセグメンテーションを紹介します。 顧客グリッドとは、(下図を参照)縦軸に企業の収益を示す「顧客収益性」、横軸にロイヤルティを示す「NPS®」を表示し、6つの顧客タイプに分類したものです。 (参照:『ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略』P48,顧客グリッドによるセグメンテーションの図表) これら6つのタイプの中で企業が最も獲得したいのが、高収益でかつ頼もしい推奨者である「エンジェル」です。 逆に、最も企業が減らしたいセグメント顧客が「反逆者」です。 企業の収益性を上げるという観点からすると、「反逆者」をいかにして「エンジェル」へとスライドしていけるかがポイントとなってきます。. 高見 俊介『ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約9件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略 - ロイヤルカスタマー進化論 - 高見俊介 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. リンク先を見る 「ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略」は、imjの高見 俊介氏が書かれた書籍です。 記者の方から薦められて. ※3ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略、高見俊介(著)、ファーストプレス、年。 ※本稿は、Web担当者Forumにて『その顧客満足度調査はホントに役に立っているのか? 出典:高見俊介 著『ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略』(年、ファーストプレス) 左上に位置する「抑留者」は、収益性は高くてもNPSは低く、不満を感じ、鎖につながれながらも利用している顧客です。. | 高見俊介の商品、最新情報が満載!.

企業の持続的な成長に必要であるロイヤルカスタマーを育てるには、以下のようなプロセスが基本です。 ➀既存顧客(浮動客)のロイヤルティ把握 ↓ ②ロイヤルティを向上させる(販売促進) ↓ ③たくさん買ってもらう(顧客が製品を再度購入する) ↓ ④推奨してもらい、新規顧客の獲得に繋げる(口コミにより、ビジネスの参加を促進) ↓ ➄フィードバックをビジネスの改善に繋げる 現状の顧客ロイヤルティをNPS®調査にて把握し、浮動客に「ディライト(大きな喜び)」をもたらす、「WOWモーメント(感嘆の瞬間)」を伴う顧客体験を与えることで、ロイヤルティを向上させます。 その後、購入量を増やしてもらうための、冒頭で説明したような従来のマーケティング戦略にはリスクがあります。 そこで、顧客ロイヤルティの改善余地がないかどうか検討し、彼らを宣教師に変える施策を考えましょう。 ロイヤルカスタマーにブランドを推奨してもらうためには、口コミ促進に向けた環境作りとして提唱されている「ADIA」(感謝・対話・インセンティブ付与・活性化)というステップをクリアし、「推奨したい」から実際に「推奨する」流れを作ります。 ロイヤルカスタマーは、商品・サービスに対して「オーナーシップ(所有者であること)」を感じ、「自分のもの」として捉えているからこそ、知人・友人に推奨し、企業に対してフィードバックを与えてくれているのです。. com で、ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. 消費者には、商品を買うに当たって「購買意思決定プロセス」というものがあります。 ある製品を購買しようとした時に、いくつかのブランドを思い浮かべる段階のことを「初期検討」と言います。 購入する場合に入念に調査する段階が「積極的評価」。消費者による深い調査を耐え抜いたブランドが「購買の瞬間」という段階で審判を下されます。 このプロセスの「積極的評価」に強い影響力を及ぼすのが、「口コミ」の存在です。その「口コミのインパクト」は以下の図表のように3つの要素から構成されています。 (参照:『ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略』P65,口コミのインパクトの図表) 消費者は専門家や身近な家族、友人の意見といった、客観的かつ信頼できる情報をもとに、商品を選択します。 つまり、ロイヤルカスタマーのポジティブなレビューは購買意思決定に最も影響を与え(ブランド支援)、逆にロイヤルティが低い顧客が発信する口コミには、消費者を購入から遠ざけます。 批判者が発するネガティブな口コミには、顧客体験に基づくレビューと企業不祥事などに基づくバズの両方が含まれます。 それぞれの対策として、 ネガティブなレビュー → 顧客との関係性の修復に注力を注ぎます。 ネガティブなバズ → PR活動によって、風評リスクをマネジメントすることが求められます。 ロイヤルカスタマーによる口コミはボランティア精神から発信されるので、消費者からの信頼を得ると共に、人々の心を動かします。 したがって、「究極の口コミマーケティング」はロイヤルカスタマーによって成り立つと言っていいでしょう。. 5月23日 jmrx【ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略】(東京都)。JMRX勉強会 今年第5弾の勉強会となります。 【ロイヤルティリーダーに学ぶソーシャルメディア戦略】 ソーシャルメディア活用の目的は顧客ロイヤルティの向上である。. · ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 posted with amazlet at 11. ご紹介した“三種の神器”を有効に活用することで、ロイヤルカスタマーの価値の最大化に繋げられることが理解頂けたのではないでしょうか。その場合に1点、注意しておくべきことがあります。 それは、冒頭でもお伝えしたように、顧客価値の最大化を図るステップは、顧客ロイヤルティを向上させた後に行うという点です。 顧客ロイヤルティを向上させた後に購買価値を高めなければ、一時的な収益向上にしかならなくなってしまいます。 したがって、長期的な収益向上を図るためには、ロイヤルカスタマーを育成してから顧客価値の最大化に取り組むというように、しっかりと段階を踏んでいくことが成功へ繋がる最大の近道となるのです。.

ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 - 高見俊介

email: imefyri@gmail.com - phone:(671) 914-5750 x 1945

センスオブサクセス - イトマン事件の深層 朝日新聞社

-> トラベル&ビジネスフィリピン総合ガイド
-> 眼科ケア 10-1 2008.1

ロイヤルティリーダーに学ぶ ソーシャルメディア戦略 - 高見俊介 - 高野ひかる 片づけのルール 狭い部屋を楽しむ


Sitemap 1

ウルトラマンティガシールあそびえほん - 新沢まや